誹謗中傷の定義は?実は「誹謗」と「中傷」の意味は異なる?

誹謗中傷の「誹謗」とは?

誹謗中傷の「誹謗」とは?

最近では「誹謗中傷」というように使う人が多いかもしれませんが、もともと「誹謗」と「中傷」という言葉はセットで使うものではなく、別々の言葉ということは意外と知られていないかもしれません。

「誹謗」という言葉の定義は、根拠のない悪口で他人をののしり、名誉を汚し、貶めることをです。一方、「中傷」は根拠のない嫌がらせや悪口を言うことなので2つの言葉は意味が違います。

誹謗中傷は立派な犯罪で、その結果として名誉棄損罪や侮辱罪といった罪に問われることもあります。

もちろん中傷はせずに、誹謗しただけでも、犯罪となりうるため、上にあげたような誹謗・中傷という言葉の定義に該当するような行為はしないように心がけましょう。

誹謗中傷の「中傷」とは?

誹謗中傷の「中傷」とは?

誹謗中傷というように、多くの方がこの言葉をひと繋がりで使っています。しかし本来は「誹謗」「中傷」という別々の言葉であったものが、ふたつ合わさって作られた言葉なのです。

さて、中傷の言葉の定義ですが、これは事実でもなく、まして根拠もないのに、ある人物などに対して悪口を言いふらして広める行為であると考えられます。

一般的に、悪口を嫌がらせの一環として誰かがおこなった場合、それを聞いた人が事実ではないと知っていれば、聞き流したり、逆に悪口を言っている人を諭したりするのではないでしょうか。

しかし、世の中には中傷を事実であると受け止めて信じたり、それを面白がって広める人もいるもので、お互いに注意が必要です。

誹謗と中傷の違いは?

誹謗と中傷の違いは?

誹謗中傷はセットで使われることが多い言葉ですが、誹謗と中傷には違いがあります。まず誹謗は、全く根拠がないことについて悪口を言い、相手の名誉を貶めることです。

一方、中傷は、悪口を言って嫌がらせをすることで、社会的な地位や名誉を貶めるかどうかは関係ありません。例えば相手をハゲと言った場合、ハゲていても社会的な地位のある人はいますので、この場合は誹謗にはなりません。

しかし相手がハゲと言われることを嫌がっているなら、中傷になります。どちらも相手を不快にさせる行為で、SNSで書きこんだり、大勢の目の前で行うと犯罪です。

状況によっては侮辱罪や名誉棄損罪が適用され、3年以下の懲役、もしくは、50万円以下の罰金が科されます。