誹謗中傷を書き込まれたら警察に通報することは可能なの?

誹謗中傷を警察に通報することは出来るの?

誹謗中傷を警察に通報することは出来るの?

誹謗中傷を警察で立件するためには、名誉棄損の構成要件である不特定多数の人に、公然と事実を示して名誉を棄損したことが必要です。

あいまいにそうらしいといった程度では、警察に通報してもとりあってもらえないことがあります。事実として名誉棄損されていることを証拠ないしは、テープなどの記録媒体に残しておくことが重要です。

よく受けている被害をまとめておいて、現状を通報によって解決することは可能です。被害を受けっぱなしにしておくと、ますます相手方は誹謗中傷を継続することがおおいです。

警察への通報・相談は早ければ早いほど対応がとりやすいです。被害がエスカレートする前にまず最寄りの警察に相談することをおすすめします。

警察が誹謗中傷の犯人を捕まえるのに掛かる期間は?

警察が誹謗中傷の犯人を捕まえるのに掛かる期間は?

SNSでの投稿を利用する方が増えてきています。スマートフォンなど携帯端末からでも気軽に投稿ができるため、旅行先などから撮影した写真をすぐに投稿するという使い方をする方が増えています。

ただ、これに伴って誹謗中傷の被害も多くなっています。インターネット上で匿名での誹謗中傷ができるため、遠慮なく投稿がされることが多くなっています。

誹謗中傷の被害にあった場合、警察に被害届を出して調査をしてもらうこともできますが、犯人を逮捕してもらうまでの期間は相当かかると思っておいた方が良いです。

SNS等のインターネット上での誹謗中傷の犯人を特定することは、結構難しく、犯人の所在がつかみにくいという実態があるためです。

警察と弁護士、誹謗中傷の時に頼れるのは?

警察と弁護士、誹謗中傷の時に頼れるのは?

最近はインターネットで誹謗中傷を受ける場合が増えていて、警察に相談するか弁護士に相談するか迷う場合があります。

警察に誹謗中傷の相談をした場合、サイトを管理する会社への削除依頼がスムーズになります。

捜査関係事項照会書を作成してもらえば書き込みが行われたサイトの管理会社やプロバイダに発信者情報開示請求ができ、書きこみ主の特定が可能です。

しかし事件性が低いと取り扱ってもらえない場合が多く、この場合は弁護士に依頼するほうが賢明です。弁護士なら書き込みのどの部分が法律に触れるのか主張することができ、裁判まで長引いた場合は代理人として手続きを依頼することができます。

弁護士は警察に相談しても効果がなかった場合の相談先として一番有力なところです。